紫色の屋根裏部屋

ゲーム、マンガに関する話やらくがきを載せたりするブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

小説儚月抄

マンガより小説の方がわかりや・・・いえなんでもないです

手に入れてきたよ

読んだから感想でも
紫の目的がわかりましたね
私はてっきり綿月姉妹を驚かせようと第二次月面戦争企てたのだと思っていたけど、真のターゲットは永琳だったのね・・・そりゃ永琳に恐怖を植えつけようと思ったら一筋縄ではいかないですね、天才ですもん並大抵のことなら「予測済みです」って言われちゃうもん。

他にも浦島太郎の話妹紅をからめてのかぐや姫の話があって面白かったよ。これ読んでると、昔話って誰が作るんだろうと考えてしまうね、事実を元に作っているのだろうか・・・。

ところどころ耳の痛い話も入ってて・・・月の兎さん達不憫なり、いやでも楽そうだしいいかな?

ところで月の公転と自転の周期が一致する話が出てましたが・・・理由があったのねー試しにググって見たらたくさんでてきたよ、読んでもさっぱり理解できなかったけど。「月はもともと地球の一部だったから、ずっと同じ面をこっちに向けてるんだよ」って話を昔聞いて「そーなのかー」と納得していた私恥ずかしい、理論性皆無なのに気づかないとは・・・。


さてはて今年も終わりですか・・・
皆さんよいお年を・・・

スポンサーサイト

PageTop

うーーーーーーーーー☆パチュリー

そこまでよ!

パッチェさん

今年もあと少し・・・なのね

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。